魅せ方ブランディングコンサルタント高橋あきです。

起業すると、うまくいく人いかない人が分かれるように思います。

そして、うまくいく物差しは人によっても違うのですが。月売上10万なのか、月売上50万なのか。

それとも、3年後に経営者になることがうまくいくのか。人によって評価される筋合いがないのが、個人事業のいいところ。

IMG_0005.JPG

ただ、何となく【この人の周りにはお客様がいそう】【いなそう】な感じは分かりますよね。

その【うまくいく】人の共通点は「お客様が第一」ということ。

自分の伝えたいことを伝えたい、広めたい。とても素敵なこと。ただし、それが「お金を払う価値があると思われているか」「喜ばれているのか」を受け止められるか、です。

趣味とビジネスの違いはここです。

初期の私は傲慢で、レッスン後のアンケートも取らず、サービスを改善するとか考えませんでした。今思えば本当に恐ろしい。

いや、考えてはいるのですが「自分がどうしたいか」この基準だったのです。間違えたものさし。

常に、自分がこう在りたい、ばかり意識がいってしまい一人相撲。こんな私を変えてくれたのが、女性起業入門コースでした。

私は、自分ができることでお客様に喜ばれるマッチポイントを見つけてあげたいと日々お話をお伺いしています。

ビジネスをするとは、お客様ありき、のマインドを知ることで何より悩まなくなりました。自分がどうしたい、のビジョンはお客様の悩みをくみとった上で芽生えてくるようになったのです。

あなたは、起業をどんなものにしていきたいのでしょう?あなたの【うまくいく】概念はどういうところでしょう?

起業は世にないものを生み、お客様に喜ばれるためのものですよ。