こんにちわ!

魅せ方ブランディングコンサルタント高橋あきです。

セラピストさん、カウンセラーさん、お教室の先生などなどいわゆる個人事業主に欠かせない力となっているのが「伝える力」。

IMG_0202.JPG

いかに自分に魅力を持ってもらうように「伝えるか」はリアルな場でもネットでも重要なポイントですよね。特にブログなどで発信する力があればお客様の反応も大きく変わりますよね?そのために必要な「伝え方のポイント」をまとめました^^

1:自分が何者か?を明確にする

何かしらで検索して検索結果に出たホームページを見たとしましょう。そしてプロフィールページを押したとしましょう。生い立ちからずらずら書いてあるけど、「で、何者なのこの人?」となるケースは多いです。つまり伝わってない。

そのためには、自分が「何の専門家なのか」を「一言で分かる言葉で表現する」と伝わりますね。つまり1発で何をやっている人かが分かる肩書きを用意する事。

2:何を伝えたいのかを明確にする

ネットメディアを通じて伝えるには何をすればいいでしょう?やみくもにブログを書いていればいいって訳はありません。あなた何を伝えることで、どんな人を幸せにできるのか。自分で意識しないと伝えたいことも伝わりません。

3:伝える情報量を制限する

ついつい長くなるという方が多いですが、それは「何を伝えるか」が整理できず、頭の中のことを思ったままに書き出してしまうからです。ネットから人が情報を受け取る量は限界があります。プロフィール文は200文字以内で書いてみる、など文字数を制限して書いてみると「重なっている表現」「むだなひげ(余計な言葉)」などを省くいい練習になります。

4:相手との距離感を知る

ホームページなら、まったくあなたに興味がない方へ。ブログなら少しは興味がある方へ。メルマガなら意思を持って読みたいと興味がある方へ。のようにメディアによって相手との距離感は異なります。

興味がない人に「ねーね―買って買って」と言われるほどうっとおしいものはありません(笑)ホームページブログでは「売らない」。メルマガで「商品を紹介する」。のように相手の距離感を意識して伝えることです。

Facebookで知らない人に友達申請をして、すぐにイベント招待、のように距離感のつかめない行為はかえってマイナスイメージになりますので注意。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.